焼津小泉八雲記念館(引用と借景の旅①)

書籍『引用と借景』を著した著者による、アートを巡る旅の続きを描く「引用と借景の旅」シリーズ。

焼津小泉八雲記念館
『怪談』などで知られるラフカディオ・ハーンは、ギリシャ生まれのイギリス人。
ヨーロッパ、アメリカを経て、島根、熊本、東京で教師をする。
安住の地を求めて放浪したのか、その移動距離は当時としては珍しい。
焼津駅は静岡駅から在来線で三つ目。
(静岡県焼津市)

焼津小泉八雲記念館

文・写真|栂正行


当記事は書籍『引用と借景』に関連した旅と風景、印象を著者の許可を得て公開しています。
記事内容は紙の書籍内には含まれていません。

『引用と借景 文学・美術・映像・音楽と旅の想到』
『引用と借景 文学・美術・映像・音楽と旅の想到』(栂正行著)

アートを追って人はどこに到着するのか。
鉄道を乗り継ぎながら思索の糸で縦横無尽にアートを連結。
各地のパブリック・アート、美術館・博物館・文学館などを訪ねつつ、
文学・美術・映像・音楽を参照、
モノ・ことば・こころの関係を問いながら、
作品に見られる「引用」と「借景」の営みをたどるアートの意味論。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone