夫婦岩 -『創造と模倣』の旅③

波が岩を削る。
自然がその一部を削る。
ここに人の介在はない。
ところが人は二つの岩に
夫婦岩という言葉をあて
元来なかった意味を
付与する。
以後、あとから来たものは
二つの岩を夫婦岩としか
見られなくなる。
命名という創造行為は
容易には揺るがない。

夫婦岩(三重県伊勢市・二見興玉神社)

夫婦岩
(三重県伊勢市・二見興玉神社、2018年12月)
文・写真|栂正行

『創造と模倣 移動芸術論』(栂正行著)
『創造と模倣 移動芸術論』(栂正行著)

ノーベル文学賞受賞者カズオ・イシグロ、
V・S・ナイポールの作品世界に投錨し
創造の航路をつぶさに描き出す。
創造と模倣の関係を幅広く問う論考。

当記事は書籍『創造と模倣』に関連した旅と風景、印象を著者の許可を得て公開しています。
記事内容は紙の書籍内には含まれていません。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone